デジタルマーケティングとは(2)

スポンサーリンク

デジタルマーケティングで達成できること3選

おおまかですが、デジタルマーケティングを実施することで達成できることを大きく3つご紹介します。

顧客ごとに最適な施策が可能

デジタルマーケティングによって「顧客ごとに最適な施策が可能」になります。

デジタルマーケティングの特長は、顧客の行動データを蓄積して活用できることです。
顧客行動データを分析し、購買行動ごとにメッセージを出し分けることで最適な施策を展開することができます。

メッセージを顧客ごとにパーソナライズすることが可能

デジタルマーケティングは、「メッセージを顧客ごとにパーソナライズできる」ことです。
パーソナライズとは、顧客ニーズに合わせてサービスを個人向けに最適化することを言います。

Amazonに見られる、「この商品を買った人におすすめの商品」や、地域や年齢属性によって広告の配信を出し分けるなどが、その一例です。

コスト削減

デジタルマーケティングによってコスト削減も可能です。

コスト削減が可能な分野は「広告費」と「人件費」の大きく2つあります。

マスメディアによる広告費と比較すると、Web広告やSNS広告は費用を安く抑え、高い精度で、ターゲット顧客へリーチすることができます。

その理由は、「類似オーディエンス」という優良顧客に近い趣向を持つユーザーにターゲットをしぼって、アプローチすることができるからです。

TVコマーシャルなどのマスメディアとは違い、広い年齢層にアプローチはできませんが、似かよった思考・行動のユーザーにアプローチすることにより、コンバージョンにつながる可能性は高まります。

また、人件費も削減可能です。従来、手入力やExcelなどで管理していた顧客情報や、その分析も、自動、かつ高精度で分析可能な顧客管理ツールも活用できます。

これらのツールを導入することで、コスト削減を図りながら効果的なマーケティングも実現可能です。

マーケティングにはデジタルマーケティングが必須

スマートフォンなどのパーソナルデバイスを所持することが当たり前の現代において、顧客ごと、個人ごとに最適なコミュニケーションの施策を実施することができるデジタルマーケティングは、かなり有効です。

デジタルマーケティングを展開することで、顧客の購買行動を的確に把握できるようになり、オンタイムで、最適化されたCRM(Customer Relationship Management )を実現することも可能です。

デジタルマーケティングを駆使することにより、顧客との間に親密な信頼関係を作り、購入してくれた顧客をリピーターに、リピーターからファンになってもらえるようような活動を行うことができます。

また、今後は、顧客購買行動のみならず、スマートフォンのGPS位置情報などの取り扱うデータ量が増え、顧客のさまざまな行動データを、AIを使って分析したデータをもとに、さらに多様化した高精度のマーケティング手法が、出現してくることと思います。

いまや「デジタルマーケティング」は、単なるインターネットを基盤とした手法にとどまらず、コンピュータシステムを使って、人の手で行うことが、不可能な時代に突入します。

高度なソリューションを構築し、顧客の行動に迅速に対応しなければ、競合他社との競争にも勝つことができず、生き残ることができません。

タイトルとURLをコピーしました