完全失業率(2)

スポンサーリンク

完全失業者

1)調査期間中、仕事がなくて、仕事をしなかった。(就業者ではない)
2)仕事があればすぐ就くことができる。
3)調査期間中に、仕事を探す活動や事業を始める準備をしていた。(過去の求職活動の結果を待っている場合を含む)

以上の3つの条件を満たす者のことを指します。

完全失業者の定義で、「仕事がなくて調査期間中に少しも仕事をしなかった」というのは、求職活動中ではありますが、生活のために、その調査期間に1時間でもアルバイトなどで賃金が得られる仕事をしたのであれば、統計上、「就業者」となります。

また、「仕事を探す活動や事業を始める準備をしていた」という定義は、求職活動をしていない人は、失業者には入らないということです。
不況のため求職活動を中止していたり、資格取得のため学校に通い求職活動をしていない人は失業者ではないということです。
不況が深刻になるにつれ、求職活動をあきらめる人も増えています。
調査による失業者の動向が、そのまま実際の失業者の実態と乖離(かいり)している状況も生じています。それゆえ、失業実態が、完全に把握できない側面があります。

タイトルとURLをコピーしました